テンポスグループ飲食店支援サービス一覧
出店開業準備
店舗物件
店舗デザイン
厨房用品
求人情報
店舗販促
買取り

飲食店開業スケジュール


 

 

飲食店をお始めになる場合は以下のようなタイムスケジュールに沿って準備を進めると確実です。
以下のスケジュールはあくまでも目安です。開店予定者様個々人の状況や事情によって異なってきますので参考にして頂き、ご自身の責任とご判断によって開店スケジュールをお組み下さい。

 

日程 内容 ポイント
(0)飲食店の開業の前に
4〜
6ヶ月前
コンセプトシートの作成 開業予定の飲食店のコンセプト作り
(1)資金調達
60〜
70日前
・予算総額・自己資金は
・借入金額は
自己資金1に対して借入金1.5倍が限度。
借入手続きの期日を確認のこと。
(2)店舗の決定と契約
55〜
70日前
・自店舗か・テナントか
(空き店舗か居抜き店舗か)
契約条件を確認。
この時期より良きパートナーとしてご相談に応じます。
(3)業種の決定
50〜
60日前
・店名及びロゴマークの決定
・メニューの構成に着手
(主力商品の決定)
収支採算表の作成
(開店までの出費は、営業収益は)
技術のマスターや他店の視察はこの時期までに終了しておく。
保健所で衛生講習会を受講しておく。
(4)設計・設備の依頼と契約
50〜
60日前
テンポススタッフへ・厨房設備打ち合わせ
・厨房機器類の発注
・ショーケース打ち合わせ
営繕坊へ設計依頼
・設計原案打ち合わせ
・家具打合せ
・修正案打合せ
・見積り打合せ
・工事契約
予算や希望条件など意志を明確に伝える。
デザインやレイアウトの検討・修正を行う。
別途工事の項目を確認。
(追加工事などの予備費の準備は必要)
工期は開店予定日から逆算する。
(天候による遅れを2〜3日見込んでおく)
(5)電話の確保
30〜
35日前
・通常の加入電話か・公衆電話か 電話番号を印刷物に刷り込む都合もあるため、電話の確保は30日以上前に完了する。
(6)印刷物の発注
30〜
35日前
・マッチ、ライター
・伝票
・名刺
・開店案内状と封筒
・メニュー
・箸袋
・テーブルマット
・包装用品
・記念品
・サービス券
・チラシ広告
・立看板
店名の書体やデザイン、色を統一し決定する。
発注に際しては見積書を取る。
原稿は性格に書き、必ず校正刷りで確実な校正をする。
電話番号・メールアドレス・URL・価格は特に入念にチェック。
(7)営業内容の決定
30〜
35日前
・メニューの最終決定
・開店サービスの内容・期間の決定
・スタッフの役割分担と人数の決定
・営業時間や定休日の決定
開店記念品の選定と発注。
スタッフは従業員のほかに開店当日のヘルパーも考慮。
従業員募集開始。
接客マニュアルを完成させる。
(8)食品営業許可証などの書類の申請と受理
第一回
20〜
25日前
第二回
7〜
8日前
・保健所へ書類を取りに行く
・保健所へ書類を提出する
・検査の期日を問い合わせ、それまでに造作を完了
・検査
・保健所で営業許可を受理
書類の作成は建設施工業者に依頼すれば、手間が省け安心。
造作の不備で検査に不合格となると開店が遅れることもあるので注意。
必ず検査には経営者(または店舗の最高責任者)が立ち会う。
許可書受理は代理人でも可(印刷持参)
(9)サンプル作成
20〜
25日前
・特注か既製品か
・写真撮影をするか
・食器は何を使うか
特注の場合は完成まで2週間は見込む必要あり。
(10)食器・道具・器具の購入
20〜
25日前
・品名、寸法、数量などのリストアップ
・専門店で現物を見比べる
・事前のカタログによる下見も肝要
食器は客席分の数量は必要。
破損に備え多めに用意。
サンプルを出す場合はサンプル用の食器も必要。
特注食器の場合は50日以上前の発注が必要。
(11)食品原材料の業者選定と発注商品の検討
20〜
25日前
・仕入れ原材料のリストアップ
・仕入れ先の選定(テンピス)と仕入れ方法の検討・打ち合わせ
・リハーサル用仕入品の検討
・レセプション用仕入品の検討
・開店用仕入品の検討
(12)その他業者の選定と発注商品の検討
20〜
25日前
・青果・鮮魚・酒類・精肉等の仕入れ先選定
・仕入れ商品のリストアップ、見積もり検討
・発注の検討
テンポスに相談していただければ、(地理的条件にもよりますが)これらの業者をご紹介することも出来ます。
(13)仕入れ品の発注
7〜
14日前
・リハーサル用・レセプション用・開店用の原材料・冷凍調理品・鮮魚・精肉・酒類・青果・資材・雑貨品の事前発注 通常の発注は前日か前々日で構わないが、レセプションや開店用の商品は、品切れや取り寄せなども考慮して、一週間前には事前発注しておく。
(14)調度・備品の検討・発注
7〜
14日前
・必需品のリストアップ
(白衣・ユニフォーム・装飾品・衛生用品・文具など)
白衣・ユニフォームのご注文もテンポスへ(総合カタログ持参)。
既製品以外の特注品のユニフォームなどは三週間以上かかることもあります。
(15)中間工事のチェック
5〜
10日前
・別途工事のチェック
・工期の確認
・素材・色彩などをチェック
・追加工事の要・不要の確認
この頃保健所の検査。早目に保健所から営業認可証を受領する。
(16)原材料や食器・器具の搬入
3〜
5日前
・4〜5日前に食器・器具の搬入
・食品はリハーサルの前日か前々日に搬入。
ああ〜もう開店日は目前だ〜!
(17)店内清掃と点検工事引渡し
3〜
5日前
・大掃除
・ガス・電気・水回りの設備点検
接客トレーニング
(接客マナーからレジの取り扱いまで、最終チェック)
なるべく多人数で厨房内とホールを点検。
この頃までには保健所の検査が完了の事。
保健所から営業許可受理完了の事。
従業員へ接客教育の徹底。
経営者の接客ポリシーを従業員に教え込む。
(18)リハーサル
2〜
4日前
・メニューの調理
・盛付け試飲・試食
・接客トレーニング
(接客マナーからレジの取り扱いまで、最終チェック)
2〜3日かけて慎重にリハーサルを行う。
調理や接客方法などはマニュアル化して徹底させる。
リハーサル中は店内に不会社を入れない。
(19)最終チェック
2〜
3日前
・店内設備のチェック
・メニューのチェック
・周辺への挨拶まわり
・つり銭の用意
・スタッフのミーティング
この時期は開店に備えて精神的、肉体的な披露をほぐし体調を整えておく。
夜は早めに仕事を切り上げ、ゆったりと入浴し睡眠を充分にとる。
この1〜2日に無理をすると、開店直後により大きな問題を生じさせることもある。
(20)レセプション
1〜
2日前
・関係者を招いて内祝い。 レセプションは最終リハーサルでもある。
招待者に率直な意見をお願いし、なるべく辛口の意見をいただく。
どんなに細かい指摘でも参考にする。
開店
当日 ・花輪・生花などを飾る 開店記念サービス期間は特に忙しいので、ヘルパーの確保を考慮する